あなたのことを愛せてるかい?

アイドルオタクの日常と考察

推し紹介

ブログのトップページに記事を固定できるようになったらしいので、まず改めて書いてみようと思う。なんせ多いので目次を入れてみたけど、DDすぎん?笑

変動して行くので、随時更新します。

 

 

ジャニーズ

 

KinKi Kids

いわゆる神推し。自担。限りなく青に近い赤寄り。

一応自担は堂本光一です。彼のパフォーマンスが本当に好き。真面目なところが好き。化け猫とかブスとか言いつつも、ファンのことをとっても考えてくれるところが好き。宇宙や物理が好きなとこも好き。剛くんにしか見せないあの雪崩笑顔が好き。不器用なところが好き、、、語りきれません。あ、顔も好きですよ。そう言わないと剛くんに怒られちゃう。

ファンのことを考えてくれるエピで一番わかりやすいのは、ふぉ〜ゆ〜のコンサートでファンを1人選んで壇上に上げる演出があったんだけど、それに対して、それは他のファンはいい気がしないんじゃないか、というような話をしたというエピ。そう、光一さんがファンサをしないのは、コンサートに来ている全員にファンサすることが不可能なら誰にもしないということなのです。キンキはアイドルじゃないと思いますか?アイドルとしての自覚や意識はトップクラスに高いと思っていますよ!!!もちろんファンサが欲しいならやめといた方がいいですけど!!!

そして、コンサートに行くと、特にスタンド席とか遠めの席でコンサートをみると、自担は光一さんなのに、どうしても剛くんに目が行くのがKinKiの怖いところです。人を惹きつけるという意味でのパフォーマンス能力に関しては堂本剛は桁違いだと思います。だから赤担当になりきれず、コンサートに行くといつも青紫になって、結局バーガンディーくらいに落ち着くのが私です。剛担にならない大きな理由は、彼のソロはもちろん素敵だと思いますが、まだ私には理解しきれない、平たくいうと好きな音楽とは少し違うからですね。でもコンサートのソロコーナーは好きなんですよ、だから剛くんのソロも行けばすごい好きになると思うんですけど、金銭的な理由もあって、まだ足を踏み入れていません。

ちなみに、ブログタイトルの由来は、憂鬱と虹という曲の歌詞からです。

 

V6

KinKiを語りすぎたのでここからは短めにします。

かつてはV6もKinKiと並んで好きでした。FCにも入ってました。時期的な問題でコンサートには行ったことがないのですが、舞台はいくつか行きました。

担当は長野博、副担は森田剛です。まあ何と無くわかったでしょうが、長野くんの結婚を機にFCをやめました。担降りしたというほどではないのですが、彼を見てもどうしてもお嫁さんの顔がちらついて、コンサートでまともな顔してひろしー!なんて言えないと思ったからです。先日の岡田森田結婚と長野くん第一子のニュースで、もう完全にV6をアイドルとして見れなくなりました。だって、ブイの魅力はエロいおじさまの可憐なパフォーマンスと家族のような関係だから。既婚者だと思うとエロいなんて言えない。長野くんにお母さんなんて言えない。

 

私が初めてハマったアイドル。当時の担当は二宮和也。今は強いていうなら相葉雅紀かな。もうここまで来ると誰が好きとかないです。嵐さんはすげえ。地方の飲食店でアルバイトしてるんですが、嵐来るとめっちゃ混むし売上めっちゃ上がるんですよ。本当に嵐ってすごいです。

 

NEWS

今は特に推しているというより、たまにみる程度。担当は加藤シゲアキ。彼の本は文庫化したら買ってます。あと最近メキメキかっこよくなるから困ってます。今も応援してますが、好きだったのは6人時代なので、たまに恋しくなります。

 

関ジャニ∞

担当は安田章大、一時期錦戸亮。なんせヤンマーが好き。彼らはやっぱり、見てると元気をもらえます。ああ、さみしいよすばるくん。

 

KAT-TUN

担当は今はいない、皆同じくらい好き。かつては田口でした。4人の時に好きになりそうだったところで、4人じゃなくなりました。本当に応援してます。頑張ってほしい。3人とも。

 

Hey!Say!JUMP

担当でいうと薮宏太。あのくしゃくしゃ笑顔とパフォーマンス中の表情が好きです。最近伊野尾が売れててムカつきます(褒めてる)。山田涼介はトップオブザアイドル。

 

Sexy Zone

松島聡担。聡ちゃんかわいい。二十歳だなんて信じられない。なんだけどいまのバラエティ路線というかNGなしアイドル!みたいなのあんまり見てられないです。アイドルとしてもちゃんとできるのに!って思っちゃう。勝利には光一さんみたいになってほしいなってほんのり思っていたりいなかったりします。全体的にパフォーマンスレベル高いなって思います。

 

ふぉ〜ゆ〜

辰巳雄大くんのダンスが好きすぎます。というか4人とも可愛すぎるし、ダンスうますぎるし、何なん?って思ってます。こんだけジャニヲタ事務所担とか言っておきながら僻地の学生なので時間にもお金にもあんまり余裕はなくて実は現場経験はKinKiとぶい関連だけだったんですが、最近辰巳雄大のために遠征しました。だって行かないと見れないんだもん!でも行けば近くで見れちゃうんだもん!!

 

 

ジャニーズはこんなもんですかね。先日ブログに書いたんですがいまキンプリとかも気になってますし、きっと増えると思います。ただ一応、一時期でもめちゃくちゃはまって調べまくったり動画漁ったりCD買ったりしたことあるグループだけに絞りました。Jr. とかもSHOCKで見たりして気になってる子はいます笑

 

女の子アイドル

SKE48

高柳明音神推しです。彼女のパフォーマンスは細かい表現がとてもうまくて好きだし、すごく熱いながらも繊細な彼女のこと、尊敬するし、応援しています。個人的には舞台女優として、ミュージカルとかでも活躍して欲しいな。

二推しは都築里佳ちゃん。彼女のダンスは本当に1度見たら引き込まれます。彼女もなんというかめんどくさいくらいに熱くて、わたしは大好きです。

SKE自体は、あの、汗を流しながら懸命に踊る姿がすごく好きでした。頑張ってて応援したくなる。ですが、いろいろあってヲタ卒しました。とはいえメンバーは好きなので情報は仕入れてて、ちゅりが卒業するときのコンサートは絶対見に行きたいと思っています。ぴよすも行きたいけど、多分公演だけだろうからなぁ….

 

9nine

名前だけは聞いたことある人が多いのではないでしょうか?かつて川島海荷ちゃんが所属したグループです。海ちゃん推しでした。9nine自体のパフォーマンスユニットへの転向と、海荷ちゃんの卒業に伴い、アイドルヲタクとして推すことはなくなりました。でも本当に、歌もダンスも正直どの女性ユニットにも負けてないと思ってます。

 

乃木坂46

わりと最近ですね、坂道転がりました。いま大人気ですけど、実際当たり前ですね。だってかわいいし、表現もうまい。本当にあとは歌くらい。伊藤万理華ちゃんが大好きでした。その影響で、今の推しは井上小百合ちゃん。

 

 

本気で好きになったことがあるのはこんなもんですかね。もちろんSKE推してたからにはAKBも見てました。岡田奈々ちゃんは今でも好きです。でもグループ全体としてはこのあたり。さくら学院、BABYMETAL、アンジュルム(好きだった頃はスマイレージ)とかも一時期ちょっとハマりました。結構パフォーマンス重視するのにハロプロにはあまり行ったことがないのは単純に好みの問題だと思います、、笑

 

番外編

μ's

矢澤にこ推し。あんなに感情移入して泣いたアニメは初めてでした。声優さんの方だと飯田里穂さんが好きです。ファイナルライブは涙なしには見られない。Aqoursヨハネ推しですが、やっぱりμ' sなんですよね。

 

 

 

 

最後まで読んでくださった物好きの方向けに、私のドルヲタ歴を書いたブログを紹介しておきます。ハマった理由とかも詳しく書いています。長いです笑

 

stkkthc.hatenablog.com

 (まだ途中です)

推し紹介

ブログのトップページに記事を固定できるようになったらしいので、まず改めて書いてみようと思う。なんせ多いので目次を入れてみたけど、DDすぎん?笑

変動して行くので、随時更新します。

 

 

ジャニーズ

 

KinKi Kids

いわゆる神推し。自担。限りなく青に近い赤寄り。

一応自担は堂本光一です。彼のパフォーマンスが本当に好き。真面目なところが好き。化け猫とかブスとか言いつつも、ファンのことをとっても考えてくれるところが好き。宇宙や物理が好きなとこも好き。剛くんにしか見せないあの雪崩笑顔が好き。不器用なところが好き、、、語りきれません。あ、顔も好きですよ。そう言わないと剛くんに怒られちゃう。

ファンのことを考えてくれるエピで一番わかりやすいのは、ふぉ〜ゆ〜のコンサートでファンを1人選んで壇上に上げる演出があったんだけど、それに対して、それは他のファンはいい気がしないんじゃないか、というような話をしたというエピ。そう、光一さんがファンサをしないのは、コンサートに来ている全員にファンサすることが不可能なら誰にもしないということなのです。キンキはアイドルじゃないと思いますか?アイドルとしての自覚や意識はトップクラスに高いと思っていますよ!!!もちろんファンサが欲しいならやめといた方がいいですけど!!!

そして、コンサートに行くと、特にスタンド席とか遠めの席でコンサートをみると、自担は光一さんなのに、どうしても剛くんに目が行くのがKinKiの怖いところです。人を惹きつけるという意味でのパフォーマンス能力に関しては堂本剛は桁違いだと思います。だから赤担当になりきれず、コンサートに行くといつも青紫になって、結局バーガンディーくらいに落ち着くのが私です。剛担にならない大きな理由は、彼のソロはもちろん素敵だと思いますが、まだ私には理解しきれない、平たくいうと好きな音楽とは少し違うからですね。でもコンサートのソロコーナーは好きなんですよ、だから剛くんのソロも行けばすごい好きになると思うんですけど、金銭的な理由もあって、まだ足を踏み入れていません。

ちなみに、ブログタイトルの由来は、憂鬱と虹という曲の歌詞からです。

 

V6

KinKiを語りすぎたのでここからは短めにします。

かつてはV6もKinKiと並んで好きでした。FCにも入ってました。時期的な問題でコンサートには行ったことがないのですが、舞台はいくつか行きました。

担当は長野博、副担は森田剛です。まあ何と無くわかったでしょうが、長野くんの結婚を機にFCをやめました。担降りしたというほどではないのですが、彼を見てもどうしてもお嫁さんの顔がちらついて、コンサートでまともな顔してひろしー!なんて言えないと思ったからです。先日の岡田森田結婚と長野くん第一子のニュースで、もう完全にV6をアイドルとして見れなくなりました。だって、ブイの魅力はエロいおじさまの可憐なパフォーマンスと家族のような関係だから。既婚者だと思うとエロいなんて言えない。長野くんにお母さんなんて言えない。

 

私が初めてハマったアイドル。当時の担当は二宮和也。今は強いていうなら相葉雅紀かな。もうここまで来ると誰が好きとかないです。嵐さんはすげえ。地方の飲食店でアルバイトしてるんですが、嵐来るとめっちゃ混むし売上めっちゃ上がるんですよ。本当に嵐ってすごいです。

 

NEWS

今は特に推しているというより、たまにみる程度。担当は加藤シゲアキ。彼の本は文庫化したら買ってます。あと最近メキメキかっこよくなるから困ってます。今も応援してますが、好きだったのは6人時代なので、たまに恋しくなります。

 

関ジャニ∞

担当は安田章大、一時期錦戸亮。なんせヤンマーが好き。彼らはやっぱり、見てると元気をもらえます。ああ、さみしいよすばるくん。

 

KAT-TUN

担当は今はいない、皆同じくらい好き。かつては田口でした。4人の時に好きになりそうだったところで、4人じゃなくなりました。本当に応援してます。頑張ってほしい。3人とも。

 

Hey!Say!JUMP

担当でいうと薮宏太。あのくしゃくしゃ笑顔とパフォーマンス中の表情が好きです。最近伊野尾が売れててムカつきます(褒めてる)。山田涼介はトップオブザアイドル。

 

Sexy Zone

松島聡担。聡ちゃんかわいい。二十歳だなんて信じられない。なんだけどいまのバラエティ路線というかNGなしアイドル!みたいなのあんまり見てられないです。アイドルとしてもちゃんとできるのに!って思っちゃう。勝利には光一さんみたいになってほしいなってほんのり思っていたりいなかったりします。全体的にパフォーマンスレベル高いなって思います。

 

ふぉ〜ゆ〜

辰巳雄大くんのダンスが好きすぎます。というか4人とも可愛すぎるし、ダンスうますぎるし、何なん?って思ってます。こんだけジャニヲタ事務所担とか言っておきながら僻地の学生なので時間にもお金にもあんまり余裕はなくて実は現場経験はKinKiとぶい関連だけだったんですが、最近辰巳雄大のために遠征しました。だって行かないと見れないんだもん!でも行けば近くで見れちゃうんだもん!!

 

 

ジャニーズはこんなもんですかね。先日ブログに書いたんですがいまキンプリとかも気になってますし、きっと増えると思います。ただ一応、一時期でもめちゃくちゃはまって調べまくったり動画漁ったりCD買ったりしたことあるグループだけに絞りました。Jr. とかもSHOCKで見たりして気になってる子はいます笑

 

女の子アイドル

SKE48

高柳明音神推しです。彼女のパフォーマンスは細かい表現がとてもうまくて好きだし、すごく熱いながらも繊細な彼女のこと、尊敬するし、応援しています。個人的には舞台女優として、ミュージカルとかでも活躍して欲しいな。

二推しは都築里佳ちゃん。彼女のダンスは本当に1度見たら引き込まれます。彼女もなんというかめんどくさいくらいに熱くて、わたしは大好きです。

SKE自体は、あの、汗を流しながら懸命に踊る姿がすごく好きでした。頑張ってて応援したくなる。ですが、いろいろあってヲタ卒しました。とはいえメンバーは好きなので情報は仕入れてて、ちゅりが卒業するときのコンサートは絶対見に行きたいと思っています。ぴよすも行きたいけど、多分公演だけだろうからなぁ….

 

9nine

名前だけは聞いたことある人が多いのではないでしょうか?かつて川島海荷ちゃんが所属したグループです。海ちゃん推しでした。9nine自体のパフォーマンスユニットへの転向と、海荷ちゃんの卒業に伴い、アイドルヲタクとして推すことはなくなりました。でも本当に、歌もダンスも正直どの女性ユニットにも負けてないと思ってます。

 

乃木坂46

わりと最近ですね、坂道転がりました。いま大人気ですけど、実際当たり前ですね。だってかわいいし、表現もうまい。本当にあとは歌くらい。伊藤万理華ちゃんが大好きでした。その影響で、今の推しは井上小百合ちゃん。

 

 

本気で好きになったことがあるのはこんなもんですかね。もちろんSKE推してたからにはAKBも見てました。岡田奈々ちゃんは今でも好きです。でもグループ全体としてはこのあたり。さくら学院、BABYMETAL、アンジュルム(好きだった頃はスマイレージ)とかも一時期ちょっとハマりました。結構パフォーマンス重視するのにハロプロにはあまり行ったことがないのは単純に好みの問題だと思います、、笑

 

番外編

μ's

矢澤にこ推し。あんなに感情移入して泣いたアニメは初めてでした。声優さんの方だと飯田里穂さんが好きです。ファイナルライブは涙なしには見られない。Aqoursヨハネ推しですが、やっぱりμ' sなんですよね。

 

 

 

 

最後まで読んでくださった物好きの方向けに、私のドルヲタ歴を書いたブログを紹介しておきます。ハマった理由とかも詳しく書いています。長いです笑

 

stkkthc.hatenablog.com

 (まだ途中です)

私のドルヲタ歴1〜ジャニーズに出会って、すぐ別れる〜

私は小学校を卒業するまで、あまりテレビも見ないし音楽もクラシックばかりという生活だった私は、アイドルというものには全く興味がなかった。知識としては、小学校の友達が好きだった関ジャニ∞とHey!Say!JUMPは名前は知っていたけど、メンバーはもちろん人数もわからない。ジャニーズ事務所というものも知らなかったと思う。ドラゴン桜からの野ブタ。は全部見てたから、山Pと亀梨は知ってたし、修二と彰青春アミーゴはずっと歌っていた。薄々、NEWSとか KAT-TUNのことも知っていたかもしれない。だとすると流石にジャニーズのことも知っていたのかな、まあ正しくは理解していなかっただろう。そのレベルだ。

 

 

嵐(二宮和也

中学受験をしたので新しい友達ばかりができた中1の頃、丁度10周年の嵐が人気急上昇中だった。周りはみんな嵐の話をしていたので、私も自然に嵐の番組を見るようになったし、担当は二宮和也だった。私が好きになった最初のアイドルである。

当時はアイドルのことを真剣に考えていたわけではなかったので(真剣に考えるほうがおかしいのかもしれないが)、好きになった理由は多分、演技とかだったと思う。これは今でもそうだが、流星の絆がめちゃくちゃ好きで、ツタヤで全話2回は借りて、5回は見たと思う。原作も読んだ。あとは、自分自身がアクティブではなかったので、引きこもりを公言する彼に親近感も湧いていた。あとは彼が作詞作曲したソロ曲も好きだった。

 

この時嵐は10周年だったが、中学生にとってベストアルバムは高かったしコンサートにも行けなかったので、元から嵐が好きだった友人が買った5×10をみんなで借りて聞いたり、画像を拾ってきて交換したり(赤外線通信懐かしい)、昨日の番組の話をしたり。マイガールが発売された時は、PVのニノが可愛いから、一枚買った。

 

 

NEWS(加藤成亮

中1の終わり頃、ひょんなことから私は嵐を離れ、NEWSを好きになった。経緯は以前のブログにも書いているが、まあ平たく言えば、嵐担のグループからハブられた時にNEWSの曲に救われたからだ。

 

stkkthc.hatenablog.com

 

このブログでも書いているが、NEWSでの担当は加藤成亮だった。理由は、高学歴なのに、正直向いてなさそうなアイドルを懸命に頑張る姿だった。失礼な話だ。だが、そんな彼のそういうところは、実際いま歌やダンス、ビジュアルにもどんどん磨きがかかっていることにも繋がっていると思うし、なんていうか、そういうとこ好きなのは今も変わらない。

 

 

この期間に発売された、さくらガールとテゴマスのあいは1枚ずつ買った。

 

 

 NEWSと関ジャニ∞錦戸亮

その夏頃、関ジャニ∞からLIFE〜目の前の向こうへ〜が発売された。Mステで見たときにすごく好きだったし、バンドをここまでやっているのは知らなかったから、(当時軽音楽部だったこともあり)関ジャニ∞を見るようになった。そこで、関ジャニ∞での錦戸亮がNEWSの錦戸亮と全然違うことを知った。NEWSでは引っ張ってくれるお兄さんで、しっかりしたちょっと怖い人だと思っていたから、エイトで年下として可愛がられている彼のギャップにハマった。二宮和也にハマっていたことを思えば、作詞作曲をしたり演技派だったりする彼は近いものを感じていたのかもしれない。だが、アイドルグループとしてはNEWSが好きなのは変わらなかった。正統派のNEWSのアイドル音楽が好きだったからエイトのお笑い路線の曲は好きじゃなかったし、バンドの曲は好きだけど、それは他にもっといるし。ジャニーズの音楽に求めていたのはNEWSの方だった。ヨコヒナあたりの、かっこよさはもう諦めたようなバラエティ路線の喋りも、当時まだバラエティ番組に親しんでいない私には苦手だった。

結果、「ジャニーズで一番好きなグループはNEWS」「NEWSの担当は加藤成亮」でも、「ジャニーズで一番好きな人は関ジャニ∞錦戸亮」というひねくれたジャニヲタが完成した。まあなんとなくわかる人もいるのではないだろうか。そんなこんなで、関ジャニ∞のCDは買わなかった。その頃8UPPERSのキャンペーンが始まっていて、見ていた記憶もあるのだが、最後までは見ていないような気もして、わたしのジャニーズに関する記憶はこのあたりで途絶えている。

 

 

ジャニーズとの突然の別れ

 

それは突然だった。と言ってもきっかけがいつの何だったかとか全く思い出せない。ただ、恐らく原因は中二病だと思う、中二だったし。

ひょんなことからボーカロイドにハマった。リンとGUMIが好きだった。と同時に、中学に入って、新歓で見てかっこよかったからというだけで全くロックを聞いていないのに軽音楽部に入った私が、徐々に色々なバンドを知り始めていた頃だった。

その流れで、ジャニーズなんて、という考えを持ってしまったのだ。時代はVOCALOIDだ、ジャニーズの音楽なんて下手くそだ、本物はミュージシャンだ。よくあるやつである。なんでちょっと前まで好きだったくせにそういう考えに至るのか全く理解できないが、まあ、ジャニーズのことをゆうて上っ面でしか見てなかったからだろうな。

 

結果、私はこれまでに買った三枚のCDを手放した。本当にありえないし昔に戻れるなら見なくていいから置いとけっていうのだが、捨てたか売ったかも覚えていない。しかも、パソコンに入れていた友人から借りたCDのデータも全部消した。嵐の初回盤限定のソロ曲とかもあったのに。今だにそれらは手元にはない。

 

 

こうして、私はしばらくジャニーズから離れることになる。

 

to be continued...

春っていうと、やっぱり。

今週のお題「わたしの春うた」に沿って、今日は書いてみる。

 

私はアイドルが好きだ。中でも一番はKinKi Kidsだが、ジャニーズは全般的に好き。また、48グループも好きだし、坂道にも転がりかけている。

女性アイドルは春の曲が多い。特に初期のAKBなんかは、桜色と制服のイメージはとても強い。実際、10年桜とか桜の木になろうとかは好きだが、今回挙げるのはジャニーズの方だ。

 

私の春うた、というと真っ先に浮かぶのは、NEWSのさくらガールである。

 

ちょうど2010年の年始ごろ、私はNEWSにハマった。きっかけは、いじめだった。と言っても壮絶ないじめだとかではなく、仲良しグループから陰口を言われハブられただけなのだが、当時中一の私には苦しかったのは否めない。何より苦しかったのは理由があまりわからなかったからだった。ブスだとか言われたほうがまだよかった。

彼女らの陰口の中で唯一内容が聞こえてきたのは当時はやっていたGREEの私のプロフィールのことだった。私は彼女らには秘密でやっていたのだが、どこからかバレてしまったそれは、当時好きだった(と言っても当時は周辺みんな好きだった)嵐のニノに関するもので、まあ確かに、今思えば中二病というかメンヘラ齧っていたなとは思う笑

 

そういう流れで、若かった私は嵐から離れることにした。実際、グループのメンバーと話すこともいつも嵐のことだったから、好都合ではあった。もちろん今は嵐さん素直にすげえって思うし大好きだが、推せない理由はここにあるような気もする。

 

嵐の曲を聴かなくなった私は、何気無くNEWSのアルバムを聴き始めた。その中に、Smile Makerという曲があった。歌詞が自分と重なって、笑う勇気をくれた。今でもとても大切な曲だ。

同時に加藤成亮(当時の表記)にも出会った。青山学院の法学部を出ていながら、NEWSの端っこで懸命に頑張っている彼が好きだった。

当時のNEWSは6人で、今に比べれば仲良しグループではなかった。仕事の関係、でも、確実にみんながアイドルをやりたくてアイドルをしていた。かと言って仲が悪いわけではない。お互いに信頼しているし好きな仲間なのだろう。ちょっとした隙間隙間に見せる表情から、それは伝わっていた。それまで好きだった嵐とは全く違うアイドルの形に、のめり込んでいた。

 

ちょうどその頃に出たシングルが、さくらガールだった。

 

とっても春らしい可愛らしいジャケットでありながら、女の子を舞い散る花びらに例える儚い失恋ソング。初めて聞いた時からすぐに好きになった。みんなが「桜の花びらに例えた…」と言う中、断固として「さくらちゃんとの恋の歌です」と言い続ける錦戸亮も好きだった。パフォーマンスの最後でまっすーが見せる手のひらも好きだった。

 

初めて買ったアイドルのCDは嵐のマイガールだったのだが、正直、嵐は周りが好きだったから好きになったものだった。小学校まで全くアイドルどころかクラシック以外の音楽にも、テレビ番組にも触れてこなかった私にとって、当時は嵐だけが世界のような感じだったし、嵐さえあれば周りにも打ち解けられていた。

その世界から飛び出して、自分からのめり込んで、買ったはじめてのCDがさくらガールだった。そういう意味でも、特別な曲だ。

 

桜の曲、春の曲はたくさんあるが、やはり、私にとっての春の曲はこれからも「さくらガール」かな、と思う。

いま、思うこと。

このタイミングでのジャニオタのブログで話すこととなるとだいたい分かるだろう。ちょうど一日経ったばかりの渋谷すばる脱退に関する話だ。

 

私は今現在、推しにエイトは挙げていない。しかし、私の推し遍歴においてエイトはかなり重要な役割を担ってきていた。その話はまた後日するとして。

 

やはり、結論から言えば残念でしかない。すばるはルックスも歌も言わずもがな高レベルで、惜しい存在であるのは間違いないし、あのなんとも言えないキャラクターで錦戸亮を筆頭にみんなに愛されている。

 

彼が作り出す音楽にはジャニーズで確実に彼にしか出せない色があるし、それは映画「味園ユニバース」などのソロで音楽をする彼の姿を見た人はみんな引き込まれていくだろう。

 

それは確かに、関ジャニ∞としての彼とはまた違ったものであった。彼は否定していたし実際彼が嫌だったわけではないのだろうが、お笑い路線のエイトの姿とは全く違うものであるのは事実だ。しかしそれはエイト自体にも言えることで、バラエティ番組で面白いことをしている彼らと、コンサート等で見る彼らとは違う。バンドをやっていることからも分かるように音楽的な部分ではかなりポテンシャルの高いグループだし、ダンスをさせてもかっこいい。確かに最近はそういう面をテレビでは見なくなったかもしれないが、8UPPERSあたりの彼らを知っていれば、いや踊らせてみ?ってなる。

 

ダンスで言えば、すばるのダンスが私は好きであった。決してダイナミックだとか、パッと見て上手いダンスだとか、というわけではないのだが、あの細かい表現やステップが好き。

 

あと、すばるというと思うのは、歌の表現とか世界観の作り込みというか。わかりやすく言えばメイクだったり。 Fight for the EightとかDye.D?とか好きな人、少なからずいるでしょ???笑

 

そんなアーティスティックな彼でありながら、お茶目なちっさいおっさんで、下ネタが好きで面白くって。はたまたeighterという言葉を作った人、なんていうファン想いな面もあったり。なんかただのすばる語りになってきた。なんせ、惜しい人なのは確実なのである。

 

 

 

 

だけど、正直、とても残念でさみしいけれど、なんで!!と思うことはなかった。

 

 

 

それは、すばるが進みたい新しい道をきちんとファンに示してくれたし、メンバーもそれぞれ、本当の想いをぶつけてくれたからだと思う。

 

 

 

 

それは関ジャニでは、ジャニーズではできなかったのか?という話がきっと多く持ち上がる。それだけに答えるとするならば、否かもしれない。例えば堂本剛がよく今回の話で名前が挙がっている。自担なのでもちろん彼の努力だとかは知っているが、すばるだってそれをしなかったとかできなかったとかではないと思う。やりたくなかったんだと思う。

剛くんの場合は、ソロ活動はKinKiをKinKiとしてやっていく為にしている。だからこそ、ソロは完全に別物として、アイドルではない自分として、それを受け入れてくれる人に見せるものとして。それは、それを受け入れてくれる相方がいて、成立している。

すばるは、憶測でしかないが、自分のために海外で音楽をやりたいと思ったのだろう。そこに、それをエイトに還元するとかそういう気持ちはなかったのだと思う。それは悪い意味ではない。すばるのやりたい音楽を突き詰めれば突き詰めるほど、エイトでは浮いてしまう。かといって、エイトではやりすぎると浮くからセーブしますーなんてことはしたくない。エイトも好きだから。自分がやりたいことを、エイトに片足突っ込んだままやるのは、メンバーに失礼だしやりたくなかったのではないかと思うのだ。

かといって、剛くんのことを否定しているわけではないのは分かって欲しい。KinKiは両方がソロ活動で一人でしかできないことを、二人では二人でしかできないことをしていて、成立している。しかし、このバランスはかなり難しいものだと思う。人数が増えればなおさら。実際、KinKiでも片方のソロだけが好き、ひいてはもう片方のアンチなんてものが存在してしまっているのは事実。

 

ジャニーズ事務所は、まだ小さい頃に仕事を始め、個人差はあるにせよ若いうちにデビューして、自分の本当の夢をその途中で見つけることは多くあると思う。それが役者にせよ歌手にせよ、もっと違うことにせよ、事務所にいながらできることもあればできないこともある。それは事実で、実際に全く違う世界に飛び立った例なら、SMAPの森くんが分かりやすいだろう。

今回も同じだと思う。彼のしたい音楽活動は今のジャニーズにはなくて、新しいことを始めるに当たって、全く新しい場所から始めたい。そんなに不思議な話ではないと思う。

しかしまあ、一つの大きな事務所に所属し、人気グループに所属しているアイドルである以上の責任がある。正直、今ジャニーズにいるがアイドル活動が一番したいことではない人は、結構いるだろうなと思う。だが、その人たちがジャニーズを、グループをやめるという選択をしない大きな理由は、この責任なのだろう。

 

すばるはこの責任は、きちんと果たしたあるいは果たそうとしているのであろうと思う。グループをやめることによって、一番迷惑のかかるメンバーには、きちんと事前に話しているし、想いは全て伝えている。もちろんメンバーも納得しきった顔ではなかった。しかし、渋谷すばるという人間をよく知っていたからこそ、彼の想いを理解することにしたのだ。ファンに対しては、きちんとした会見という場で、しっかりと想いを伝えてくれた。海外で音楽がしたい。それはジャニーズではできない。目指す先輩はいない。決まっている仕事はしなければならないから、早めに伝えなければという想い。しっかり考えてるなと思った。納得はできなくても理解しなければならないことなのだな、すばるの本当の想いなのだな、と。

ではコンサートはなぜ出ないことになったのか…それは正直よくわからない。すばるの為のコンサートにしたくない想いからなのか、すばるは出たかったのか。どちらにせよ、ツアーとは別でもいいからeighterのために会う場所くらい設けてあげて欲しいなとは思う。

 

 

 

 

ここまで書いて、勘の良い人は薄々気づいているかもしれない。自分のしたいことがあるから、とグループと事務所を辞めていった人は最近でも一人いた。KAT-TUN田口淳之介だ。

SMAPの件は大人とか関わってたりなんか正直もう何が正しいのかわからんのでなしで。)

 

私は、4人時代のKAT-TUNにハマりかけていた。こういうと2人のファンには怒られてしまいそうだが。田中聖の脱退でみんなで話し合って、やり直そうという意思を強く感じていた。タメ旅で見せる雰囲気も好きだった。中でも田口のダンスは大好きだった。少年倶楽部プレミアムで光一さんに褒められていたのも記憶に新しい。彼はダンスが好きで頑張ったのだと知った。応援したいと思った。

この4人は同じ方向を向いていて、やり直して頑張っていくんだと思っていた。楔は苦しいほどに刺さったし、4UやPhoenixは苦しい時代を乗り越えた彼らの象徴のようで、名曲になっていくんだろうと勝手に思っていた。

 

その矢先だった。

 

忘れもしないベストアーティスト。

リアルタイムで観ていた。本当にびっくりした。嘘だろ?以外なかった。実感も湧かなかった。きっと後に詳しい説明があるんだろうと思った。あるにはあったが、どれもピンと来なかった。田口淳之介が今、この状態のKAT-TUNを辞めてまでやりたいことが理解できなかった。というか、教えてくれなかった。まあ、ファンに多くを語りすぎるべきではないかもしれないが…その時はもう、予てから噂のあった結婚説を信じることにしていた。そうしないと理解できなかった。もちろん、結婚説なんて納得はできないが、、、

Myojoの10000字インタビューも読んだ。2人がいなくなった時の辛さや同じ思いをまたさせてしまうメンバーへの謝罪があった。インタビューでも明確なことは語られなかったが、その思いがあるなら、よほど考えてのことなのだろう、理由があるのだろう、と言い聞かせた。そして彼は様々な番組で花束を渡され、祝福されるようにして去っていった。

 

つい最近だった。田口淳之介の曲を聴いた。ソロ活動は知っていたが、脱退して割とすぐにCDを出したことに嫌悪感を抱いていたので、ずっと観ていなかった。やはり、理解はできなかった。聖や赤西仁のように、音楽性が高いものというよりは、アイドルに近いような気がしたからだ。これが、グループを辞めてまで彼がしたかったことなのか?結婚もまだしていない。結局、よくわからなかった。

同じ頃に、KAT-TUNが活動再開した。そして、最近、私立スマホ中学という企画で道徳を教えているのを観た。心が痛かった。


KAT-TUN:道徳「不屈論 -ギリギリでいつも生きてきたから-」前編【私立スマホ中学】

 

正確にいうと私が観て欲しい部分は後編にあるのだが、暇さえあれば両方見てもらって損は無いと思う。

 

上田竜也の言葉が、本当に悲しかった。彼は、彼らは私たちと同じ思いをしていた。もう一度やり直そう、今度はきちんと話し合おう。そう思っていた。実際、上田さんと田口は4人になってから一層、番組で上田口とかいって関係が見えていた。あれは、上田さんなりにみんなと話して、仲良くなるべきだと考えた上での結果だったのだ。それなのに。彼は後悔していた。まだ足りなかったのだと思っている。彼自身はそうすることで救われているというが、こんなに悲しいことがあってたまるか。それに、この話を聞く限り、亀梨中丸も皆、止められなかったという認識のようだ。充電期間に、何が悪かったのか?という話をしたという。つまり、納得も理解もしていないのだ。田口淳之介が脱退した本当の理由は、メンバーにも明確には知らされていない。

 

彼が旅立っていくのに全く納得できないまま、周囲のお祝いムードをメンバーはどう見ていたのだろう。考えるだけで苦しい。

今回の渋谷すばるの一件は、この経験からすると、とってもいいものだったと思う。もちろん、下を見てしまってはいるが…きちんとした会見で、理由も明確だった。彼のことだから嘘もつかず、海外で活躍する姿をきっといつか見せてくれるはずだ。関ジャニにいては見れなかった世界を見せてくれるはずだ。そう信じたい。他のメンバーが、すばるのことを止められなかっただとか、話し合いができなかっただとか、そういう後悔を残すような結果には絶対にしてはいけない。きっと大丈夫だと思うが。

 

 

 

正直、私たちが6人の関ジャニ∞に慣れるには相当時間がかかるだろう。NEWSの時もそうだ。私は6人時代の正統派なNEWSが好きだったので、もちろん今も輝いていると思うし好きではあるが、NEWSの音楽を全てシャッフルで聞くことはできない。6人の曲と4人の曲は別で聴きたくなる。今絶大な人気を得ていて、かつメインボーカルのすばるなら尚更だろう。

だが、今回の件は確実にプラスのものなのだと、私は思いたいし、そうなってほしい。田口の時は脱退の日まで撤回してくれないかと思っていたが、すばるは撤回されたら逆に怒る。もちろん、エイトのメンバーと戯れるすばるの姿が見れなくなることはとっても寂しいし、できることならそれだけでも放送して欲しいものだがそうもいかない。本当に関ジャニ∞が好きな人はきっともっと複雑な思いをしているだろうから、私くらいは受け止めて、素直に門出を祝いたいと思う。そのためにその日までもう少し心の整理をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここんとこ記念イヤーの直前に心をへし折られることが多すぎる。しかもどれも、記念イヤーのコンサートには出ないとか開催されないとかばかり。ジャニオタはしばらく、記念イヤーが怖くなってしまうかもしれない。

King&Princeがヤバすぎる件

はじめに言っておきますが、私は普段KinKi Kidsを推していて基本的に広く浅くな事務所担です。KinKiがヲタ活の軸になっているので、ふぉ~ゆ~だとかはもちろん好きだし、V6も推してたし、根っからのアイドルオタク気質からSexyZoneとかHey!Say!JUMPとかもまあまあ好きだけど、そこまでかけるお金はないしなあくらいの感じです。

 

King&Princeについても、以前から知ってはいましたが、EndlessSHOCKの影響で岸くんは知ってるしかわいいなと思うけど~~あとポポロでよく見るじぐいわでしょー?King売れてるよね~~程度の認識でした。

 

デビュー決定の時も、おめでとう!とは思いましたし、新レーベル開設とかFC開設とか力入ってんな~、てか結局キンプリくっつくんかい。2020はゆうてもジャニーズなら嵐が妥当っしょ~今から新しいグループは無理しょ~って思ってました。

 

当然、イベントもあったことを後から聞いたし、デビュー曲がドラマの主題歌なんだ~って、その程度でした。普段、特に推してないジャニーズグループの情報を入手するときの感覚ですね。

 

CDTVでのテレビ初披露も、特に気に止めていたわけではありませんでした。でもまあ、基本的にジャニーズの新曲はなにかしらの方法で聞きたいので、ほんとに「抑えとこ」くらいの感覚で、見たんです。

 

 

 

 

衝撃的でした。

 

 

 

 

いや、完成されとるやん。なんこれ。かっこよすぎるやん。デビューするん?いまから?いや5年は経ってるやろ。

 

まず、これは知ってたけど、ビジュアル良すぎる。大抵のグループはデビュー当時の写真は黒歴史なんですがこんなん黒歴史になるわけないやん。

そしてパフォーマンス。みんな声綺麗すぎ上手すぎ。もちろん歌手的な上手さは個人差あるけど、ジャニーズのデビュー曲ってもっとぎこちなくてへたくそなイメージやん?

 

まあ、ここまでは、突然集められてデビューした系と、グループで下積みしてきた系との差でもありますから、Kis-My-Ft2とかKAT-TUNみたいなグループにも共通はしていますが(A.B.C-Zはなんかもっと違うカテな気がして省いた。まあそれはおいといて)、なかでも完成度はかなり高いと思います。

 

 

 

一番ヤバいと思ったのは、「王子様感」

 

 

 

 曲がスタートして、平野ソロからの入りのあとの全員での

 

やがて

 

がたまらなく好きです(これはもう見てもらわないとわからない)。

6人横並びでスッと手を出すところ、意味わからんくらいに王子様。それ以上の感想がない。語彙が追い付かない。

これはやはり、6人のダンスのポテンシャルのおかげでしょう。一ミリもズレなく、ピッタリ揃っているからこそ、感動するほど、ゾワっとするほど美しい。

 

 

そしてまた、曲がズルいんですよ。

めっちゃいいんですよ。女子好きなんですよ。歌詞も「僕がずっと君のそばにいて守ってあげたいのに!」っていう気持ちが痛いほど伝わるし、詞の主人公がナチュラル王子様なんですよ。で、キンプリの6人ともそれを歌ってて全く嫌味がない。彼らもまたナチュラル王子様。

これに関してはジャニーズのキンプリへの本気を感じますよ。

 

 

そして当方まだ彼ら個々のキャラクターとかは掴みきれていないので、やはりよく知っている岸くんを推したくなるのですが、彼のソロパートもたまらん良きですよね。

純粋な気持ちがめっちゃ刺さる。声も良いし。

あと彼が最年長でリーダーっていうの、SHOCKカンパニーで岸くんかわいいかわいいしていたヲタからするとやっぱ違和感もあるけど、かわいい弟の成長みたいな感じでそれもまたいいんですよ。(年上)

 

語るときりがないですが、なんせCDTVのシンデレラガール、やたら見てます。

 

King&Princeのデビューは、間違いなく、ジャニーズの歴史において重要なポイントになると思います。嵐を越えるか?とかそういうことは正直分からんけど、王道のなかの王道アイドルとして、二次元かよみたいなみんなの王子様として、きっと一番大変な立場だと思いますが、確実に世の中の女子のほとんどが好きにならざるを得ないタイプのアイドルなんです。

 

 

結局何が言いたいかって

 

 

 

 

キンプリはヤバいぞ。来るぞ。

 

 

 

 

CD買います

KOICHI DOMOTO LIVE TOUR 2015 Spiral 7/12 北海道

堂本光一さんソロコンサート初日、札幌公演に行ってきました。

ネタバレありというかネタバレばっかり。レポというか感想というか自分用メモに近いです。思い出したら随時更新します。

続きを読む

V6コンビ考察

 

※あくまで個人的なものです。間違いあったらすみません。

 

  • 夫婦(坂本・長野)

言わずと知れたV6長老組。お父さんとお母さん。結婚披露宴*1済み。現存する最古のシンメ。

移動や食事の席、特に2×3で分かれるときは基本的に一緒です。間違えて座りでもするとマネージャーに怒られるらしい(井ノ原談)。

最近のコンサートやら雑誌やらでは主に岡田森田による夫婦推しが加速しております。omgコンでは夫婦同居ネタが飛び交っていました。坂本君に「長野君のことどう思ってんの?」「…大好きだよ」と言わせるだけのくだりもありました。完全に公式が病気な奴です。

この二人を語るには時を1988年まで遡らねばなりません。シーラカンスこと長野博はすでに入社二年目ですが、坂本昌行の入社した年ですね。そうさこの二人の歴史はもう27年目なのよ…

当時は平家派などで活躍していた二人。坂本君がSMAPに入りかけたり、まだチビッ子だったヨシヒコ君と出逢ったりしました。しかしこのころの坂本君はヤンキー怖い人でして、かなり我も強く、話を聞く限りかなりとっつきにくいタイプ。でも大天使のようにかわいらしい博君、坂本君をさそって学校さぼってゲーセン行ったとか聞いたことあります。*2

そんなこんなで仲良くなったふたりですが、周りのデビューと自分たちの成人、高校卒業などのタイミングで二人とも一度事務所を辞めています。この時、二人とも事務所を辞めていた半年近くの間、毎週電話して近況なんかを話していたそうで。*3

そんなこんなで、二人とも事務所には復帰したものの、幻のジャニーズSr.としての活動などをしつつ、デビューしていく後輩を見送る日々。そんなつらい時期もずっと一緒に過ごしてきたからこそ、あふれでる夫婦の空気感ですよね。

デビュー後も、一番年上のリーダーとして悩む坂本昌行のそばでずっとフォローしてくれたのが長野博です。心配性な坂本君が残って悩んでいたらずっと待っていてくれる。素敵な相棒です。

そんな長野君ですが、たまに坂本君にはブラックになります。唯一の年上だしね。一番好きなのはこの話。

 

長野「電話かかってきて、店とか聞かれるんですけど、やれ個室がある、雰囲気とか、なになにがあるーってうるさいから、無ぇ!って言ってやんの。」

坂本「そうこいつほんとに言うの!でもそのあとメールで五件くらい出してくれんの。それがすごいんだよ」

岡田「えらいねーながのくん。」

長野「切った後、手帳でちゃんと調べてるからね俺(笑)」

 

あとはまあ、近頃グルメ方面のお仕事が多いお二人ですが、作るのが好きな人と食べるのが好きな人と、バランスがとれていてすごく良いですね。

語りつくせる気がしないのでこのへんで。追記するかも(笑)

 

  • まーごー(坂本・森田)

この二人はなんといってもあのお手紙でしょう。

そもそも、V6結成当時に反抗期真っ最中の剛くんと、まとめなきゃという使命感からカミセンに説教をしていた坂本君はずっとギクシャクしていて、というか剛くんはあのころ坂本君のことが大嫌いだったと後々語っています(笑)

そんな二人を変えた、というより剛くんが大人になったとある事件。その後うたばんで剛くんから坂本君へのこんな手紙*4が。

坂本くんへ

坂本くんも、忘れてはないと思う。
V6結成一周年のあの日。
俺はマネージャーからの連絡を家でまっていて遅刻。
寝坊したわけじゃないのに、スタッフに叱られた。
ふてくされて「うるせえな」って言い返したら
その途端、坂本くんが俺の髪をわしづかみにして
「なんだその態度は!」って怒鳴ったよね。
恥ずかしいけど、そのとき俺はみんなの前で泣いた。
坂本くんまでがわかってくれないのかって
それがくやしかった。
  
でも今は思う。
わかってなかったのは俺だった。
人に迷惑をかけた以上、
素直に謝るべきだったって。
それを坂本くんは言おうとしたんだって。
  
俺、坂本くんを煙たそうにしてたけど、
本当はすごく頼りにしてた。
みんながふざけてるとき坂本くんが
部屋の隅で頭をかかえてたのを何度も見た。
坂本くんは誰よりもホントにV6のことを考えていたと思う。
坂本くんはいつも人の長所を見抜いて、
「あいつはすごい」とか言うけど
人を「すごい」って素直に言える坂本くんのほうがすごいよ。
  
27歳になったとき、坂本くんのようになれたらいいなと思う。
俺達にはたくさんやることがあるから、
まだ今は「ありがとう」なんて言いたくない。
  
これからもよろしく頼むよ。

                  森田 剛

 

 坂本君のほうからも*5

 

そして剛!!
デビューして1年半くらいたった時、お前が仕事に遅刻してきて俺が怒鳴ったことがあります。
その時剛は目に涙を浮かべて、本当に悔しそうに俺をにらんでいました。
でもその時俺は・・・
剛を理解できたと思っています。
これからも『イヤなものはイヤ』と言える剛でいてください

 こういう時期をのりこえた二人だからこそ本当にお互いを尊敬し信頼しあえる関係だなあって思います。二人ともスキンシップとかを自分から取るタイプではないからこそ、たまーにこの二人がなかよく笑いあってるのを見るとなんだか泣けます。

この二人の和解、そしてこの遅刻事件(?)がなかったらV6は今のような形ではなかったと思います。

 

とりあえず今日はこんな感じで。気が向いたらもっと続くかもしれません。おやすみなさーい

*1:2001-2002 20th Century Dinner Show

*2:ソース不明

*3:2007.09.16 少年倶楽部プレミアム

*4:1998.11.03 うたばん

*5:2000年へ行こう! リーダーの主張